2007年12月16日 (日)

恐怖の歯の治療・・・

★ 歯の治療のクライマックス!

私の人生のなかで最も怖い治療は”歯”
わかってはいるものの、痛くなってしか行く気がしない歯医者。
ついに! 虫歯の痛みが酷くなり歯医者にいくことを決意。

オフィスのまわりには歯科はいくつかあり、オフィスの窓からみえる景色は
ある歯医者さんです、しかし!ここの先生とはワイン仲間でよく知っているだけに
どうも気を使いそうなので避けるとして、あ=そういえば。。。よく行くランチのお店の
途中に確か歯医者ができてたような。。。。と思い、名前も電話番号もわからなかったので、
どうせ近いことだし・・と思い直接行ってみることに。

ところが!! 予約が入っているからと断られてしまい、では夕方は?と尋ねると
終日予約で今日は無理ですね~  ひえ~~~~~~

常に戦略やマーケティングを考えている私にとっては、なんともったいない!
新規の患者こそ! 受付さえして10分だけでも時間を裂いて簡単な治療をすることで
1ヶ月 イヤ 2ヶ月通院して売り上げが数万円あるのに・・・・・と思っちゃいました。
歯医者でも戦略を立てた営業をしないと生き残りが大変なのに・・・・・と、
思わず言いたい!
でも、我慢。 

どうしよう~と諦めてオフィスへ戻ろうと歩いていたら、目線に歯科の看板を発見。
再度、挑戦してみたところ、快く”大丈夫ですよ!”と言っていただき治療がスタート。

しかし歯医者は本当に私にとって怖くて怖くて。。。。一体、口のなかで何されるんだろう~
と治療中に考えていたら、ついに麻酔が。。。。。
子供じゃないけど、麻酔の前にショウキ麻酔をしてうってくれ~と言いたい気分。
そういう思いをしながらもなんとか我慢の毎日。おかげで今は歯石も少なくなり違う人の
歯みたい! 生まれ変わったと思うといいのかも。。。

以前、ニュージーランドに7年間住んでいた頃に、とうとう痛みが我慢できず救急歯科に行ったところ、なんだか見たことのデカイ機材が治療台の上にあって、まさか口の中に入れないよね~と思っていたら、その機材を手にとられ、え~~~~~
なんと! それは、口が閉じないようにするもので、その機材があるがために口を閉じることができないんです。恐ろしい~~~~
二度と海外では歯の治療は絶対しない!と思いました。

さてさて、なんとかやっと歯の治療もクライマックスを迎えました。
やっとあと1回行くと治療も終わりです。

なんだかスタッフの皆様や先生とも交流がなくなってしまうのは残念ですが、歯医者って最低でも1~2ヶ月通院しちゃうので、やはりスタッフの皆様とのコミュニケーションって大事ですね。
逆をいうと、交流がなくなるのが残念だからもっと治療をしたい!と患者に思わせてくれる歯医者さんだったと思います。 

そこで! 皆様へのアドバイスですが。。。。

ホームドクターは内科だけでなく、歯科でも今後はもっておくべきだと思います。
決して歯が丈夫で治療が全く必要ない方でも、いつ何が起きるか?わかりません。
なので、虫歯も歯石もない方でも一度は歯科に行って歯型のデーターを残したり、自分の歯について知っておくことは必要だと思います。 そして、歯医者のホームドクターを持っておくのはいかがでしょうか? 

また、歯科医は一度かかった患者さんには緊急時の対応ができるような体制作りをしてみてはいかがでしょうか・・・・・

歯の痛みで救急車を利用されている患者さんはまだまだ沢山いるようですし。。。
救急車を利用する前に、まずホームドクターへ!

   ***********

話は変わって。。。私の人生のなかで歯の治療は一番イヤなものですが、
私のなかで歯医者を選ぶ鉄則ですが。。。

① 絶対知人・友人の歯医者には行かないこと。
  理由: 治療中に痛いのを訴えてても、”もうすぐ終わるから我慢し~”と言われ
       治療を続けられて、人の言うこと無視!される。。。
       過去に何度も経験あり・・・・

② 開業医を選ぶ。
  理由: 機材が最新のものが入るから、最新の技術で少しでも痛みが軽そうな
       気がする。  でも、これは違うかもしれないけど・・・・

あの、ギ~~~~という音が、メロディーになるような技術を早く開発して欲しいものです・・・
それと全身麻酔をして、治療が終わると、終わりましたよ~と起こされる。
それなら歯医者は行ってもいいかな~なんていつも思います。 ダメ? 笑

ということで、今回お世話になった歯医者さんはオフィスをこの場所に移転して
3年になるのに今頃気がついたのですが、窓からちょっと体を斜めにするとみえていた
歯医者さんでした。。。

是非、足を運んでみてはいかがですか?
先生とスタッフのチームワークがとてもいい歯医者さんですよ!

Dscf0446

| | コメント (2)